2017年10月22日日曜日

関西の秋は「食」に注目すべきだろう。Autumn in Kansai should pay attention to "food".

 動物・景色・佇まい…と来たら忘れてはいけないのが「食文化」だろう。昔から関東・江戸にはきちんとした食文化が無いと言われて来た。負けん気の強い江戸っ子の言い訳はさておいて、そういわれても仕方がない東西の「食文化」の差は歴然だ。

 関東は「江戸前」と言われる新鮮な魚が目の前の江戸湾で獲れたから、手の込んだ料理をしなくて済んだ、保存する必要が無かった・・・と言うが、それは関西も一緒だろうと思う。大阪湾の魚介類、琵琶湖の魚介類は条件的には一緒だろうと思う。料理文化、伝統技術、職人が存在しなかっただけだろうと思う。

 だから新鮮さに頼り切って、捌いて1分以内に食すカウンター料理、握り寿司、天麩羅がメインなのだろう。鰻だけは脂肪分が多いので生焼きにすると煙だらけになるから一旦蒸してから焼くのだろうと思う。
 関西風の生から焼く蒲焼が好みの筆者は最近は東京ではなく九州でうな重や鰻丼を食すことにしている。

 そんな訳で、今日のブログは関西の食事情カット!

奈良ホテルで評判の茶粥朝食。自分ではまだ食した事もない名物らしい。

近鉄京都駅か奈良駅で買った記憶のある鮎寿司。人吉の鮎寿司より酢飯が美味しかった記憶が有る。

食材販売の見せ方は日本の食文化の原点の一部だろうか?

北九州小倉の旦過市場の展示にも共通するものを感じた。

こういう見せ方をされてしまうとついつい買いすぎてしまうのが難点。

こういう生麩はさすが関西でないと手に入らない。

2017年10月21日土曜日

奈良の秋、3日目! Autumn in Nara the 3rd day's report.

 奈良の秋も3日目。昨日の動物シリーズに続いて、今日は画像で奈良の秋の風情をレポート。主に奈良公園でのカット。
これが奈良公園の浮見堂のある鷺池

飛火野、かって中村錦之助が宮本武蔵で撮影のロケ現場

奈良ホテル





今日は自然物で奈良の秋を堪能!


2017年10月20日金曜日

団塊世代はさらに秋の奈良を行く! The baby-boom generation go to Nara more in autumn!

 野鳥のレポートばかりで飽きたのだろうか?昨日の奈良・長谷寺へのアクセスが意外に多くて嬉しい!
 
 現在は動物園ネタへのアクセスがついにトップになり独走している。
 団塊世代の読者が多い為だろうか、同感だというメールや、本当にそこいら辺に居るコゲラやシジュウカラなどを檻に入れているのか?と呆れられた方からのメールを頂いた。中には近くにお住まいの方が実際行かれたのだろう、「驚いた!本当だった、信じられない!」って、嘘はつきませんて、このブログは。

 一方で、超大型の台風が近づいてきているという状況下、今年の秋の異変を告げるニュースも多い様だ。まずあちこちでコスモスの花が枯れてしまっているという、気温低下のせいだとか。立川の昭和記念公園のコスモスはどうだろう?昨年は綺麗に咲き誇っていたが・・・。

 今日の奈良は、例のリゾートホテル開発予定の問題のエリア、奈良公園の飛火野・浅茅ヶ原あたりの静かな秋の様子。これは数年前海外からのお客様を案内して同行した際の画像だ。今年ももうすぐこういう風情を撮影出来る事だろう。
 
 名所旧跡ももちろん楽しいし良い被写体なのだが、写真雑誌などでもなかなか取り上げない奈良の都の佇まいを探して撮影するのも,これまた面白いのではないだろうか?野鳥もその探索の途中で遭遇できること請け合いだ。
 という訳で、今日の奈良の秋は、動物中心のネタで・・・・。

奈良と言えば鹿、食害で現在人工的に淘汰しなければならない程だという。北海道のタンチョウも同じで、無節操に保護した結果増えすぎて牧場に入り込んだりして家畜の餌を狙う等、被害が出始め人工淘汰しなければならないという。メディアは決して報道しないが宗教化した動物保護団体・保護関係者のいい加減さも漏れ聞こえてくる今日この頃だ。

赤い夕陽を浴びて草をついばむ鹿たち。

奈良の鹿は神の使いとされ天然記念物だそうで、地元の人も誰も見ていないこうした街中で鹿に逢うと、きちんとお辞儀をしていた。こういう場面は観光客のいる中心部では決してお目に掛かれない。この鹿も「ご丁寧に、しかと承った。」と言ったか、シカトしたか判らないが・・。

一方で礼儀正しい鹿だと思っていたが、こうして鹿せんべい屋をジーッと見つめる姿も生き物の本音を表しているようでなかなか面白かった。

木の実を探していたヤマガラ君。「なに?」という顔でこちらを・・。

春日野大社の森の方でルリビタキにも遭遇。

人間も一応動物なのだが、ガマの油売りという事でガマが動物なのだ。

2017年10月19日木曜日

団塊世代も時には奈良の長谷寺へ行くのだ!Sometimes the baby boomers are going to Hase-dera Temple in Nara!

 今年はどうだか判らない、秋になると長谷寺に行きたくなる。法隆寺もしかり、日本の秋を愛でるには観光客や修学旅行の学生で一杯の京都や東大寺と鹿の奈良ではもう満足できない。人のいない秋が欲しいのだ。
 寺自体は何処もそう変わらないし、流派による違いなど神道の筆者にはとんと見当もつかない。しかしその門前町や寺のある地方の佇まいの中に本当の日本のイメージが残っている。その辺りを是非画像に収めておきたいのだ。カメラ目線でVサインはスマホで充分!

 液晶越しではなく、ファインダー越しに日本の佇まいを自分専用に残しておきたい。我先に海外へ出てパリだロンドンだニューヨークだ!と色々世界を回って気が付いた日本の素晴らしさ、日本の心地良さ、やはり日本の良さは60歳を越えないと判らないのだろうか?




数年前、有名なプロで大ファンの写真家さんが同じ豆腐屋のこのタイル張りに目が行って撮影されたと知って、無性に嬉しかったのを覚えている。




有名な名所旧跡ばかりではなく、其処へ行く途中の町でネタを見つける!これが団塊世代の写真撮影の極意だろうか?歩きながらブログを勝手に編集する自分に気が付いたらもう一人前か? 

2017年10月18日水曜日

団塊世代のウインドサーファ―達は世界中で記憶力大会を実施中! The baby-boomer generation windsurfers are carrying out memory competitions all over the world!

 昨日の事、我がウインドサーフィン撮影と英語の先生、スティーブ・ウイルキンス氏がFacebook上の世界中のウインドサーファー達のグループメンバーに招待してくれた。勿論アメリカ中心の元、あるいは現役のウインドサーフィン狂い中心のサークルの様なコミュニティなのだが、これがまたすごい事に成っている。

 ウインドサーフィンの歴史を造った著名人たちが名を連ねていて、1970年代からウインドサーフィンの発達に関わった色々な事が画像共々判ってとても素晴らしい。

 例えば、1983年最初にマウイ島のカフルイに在るマイク・ウォルツのセイルボーズ・マウイ(=Sailboards Maui)に行った時の写真を投稿しついうっかりオールドパイアに在ったファクトリーと書いたら、「それは違う!最初はカフルイに在った!この店はいろいろ複雑な経緯があってね」と、訊きもしないネタが出て来たりしてこのサイトから目が離せなくなってしまった。

 それにしても、ウインドサーフィンというスポーツが世界中の人間を虜にしたのはこのサイトへの投稿と、それに対する世界中のグループメンバーからのコメントで良く判る。いやはや、えらいグループに招待されてしまった。コメントなり投稿はすべて英語だし、今からスピードラーニングなんてやっても意味ないし‥‥(;´д`)トホホ。

わが師、スティーブ・ウィルキンス氏、1983年マウイ島で撮影。

セイルボーズ・マウイの最初のファクトリー兼ショップ、マウイ島カフルイ。写っているのはターザンの内坂庸夫氏。

1981年のマウイグランプリのポスター。

1981年のマウイグランプリの大会Tシャツ。

1981年沖縄ワールドのポスター、これは世界中のウインドサーファーが喜んでくれた。広告代理店で自分が手掛けた最初のデザインワーク!これから海へ出ようとする女性ライダーはロンダ・スミス(サンチェス)

その時の大会プログラム、これも初めて自分でデザイン、編集、執筆、皆でスポンサーを集めた広告代理店(もう今は無いが銀座に在った伝説的広告代理店)としての充実感ある仕事だった。なんと海外のメンバーが大切に持っていてくれて投稿したのには感動を覚えたが、ポスターと説明していたので画像しか保存してないのかもしれない。

2017年10月17日火曜日

人吉で越冬するイワツバメ! House martin passing cold winter at Hitoyoshi of Kumamoto Pref.

 人吉市はヤマセミが人間と共生・共創しているだけではなく、イワツバメや普通のツバメも越冬している。証拠写真はいくらでもある。
 
 理由は人吉盆地の地底に有る二層の温水帯(=温泉)の影響で球磨川本流、支流のいくつかの水温が少し高いからであると思われる。これは現在調査中だが、その暖かい川の流れに盆地特有の冬の冷たい空気が触れて、濃い霧が発生するとみられている。

 適度な湿度と地熱で冬でも羽虫・昆虫の類が存在するのだろうと思われる。従ってイワツバメや普通のツバメの採餌飛翔が球磨川流域で視られるのだろうと推察している。川沿いに建つ温泉宿からもこれらを観察できる。
 
この密度での採餌飛翔は素晴らしい!

普通のツバメはこれほどの密度には撮れない。







関東では奥日光の湯元のスキー場に在るヒュッテの屋根下に巣を造っている。奥日光の場合は夏鳥として飛来するので冬季には居ない様だ。

2017年10月16日月曜日

熊本市のど真ん中、江津湖でアオバト! I watched white-bellied green pigeon at Lake Edzu at Kumamoto Pref.

 今年の8月23日に球磨川流域でのアオバトをご紹介したが、2013年このブログを開始する前2012年7月頃自費出版した「江津湖の野鳥」という本にも此のアオバトを掲載している。
http://yamasemiweb.blogspot.jp/2017/08/white-bellied-green-pigeon-live-near-by.html

 日本で最後の政令指定都市(人口70万人以上)に成ったばかりの江津湖で初めて出遭った此のアオバトはつがいで居た。

 実は湘南の大磯海岸に行けば、群れで海水を飲みに来るアオバトを観察できるのだが、必ず出没するものを観に行ってもあまり面白くないのでまだ筆者自身は行った事が無い。従って見た事があるのは全て熊本県内。その代わり生息密度は非常に高く個体数は多い様だ、江津湖をはじめ、人吉界隈、水上エリアなどでよく見かける。

 実際「ア~オ~♫」という人間が鳴き真似をしているのではないかと思う程の面白い鳴き声なのだが、良く聴く。
間近に寄っても逃げないアオバト、さすが江津湖に来るだけあって人慣れしているようだ。



多くの野鳥は360度の視野を持つので、こちらを向いていなくてもちゃんと見ている。
上に居るのがメス、右下のがオス。メスは全体が黄緑色、オスは肩の部分に赤紫の色の部分がある。