2017年12月15日金曜日

続・晩秋のヤマセミつがいは観ていて面白い!  I'm so interested watch about a pair of Crested kingfisher's ecology in a late autumn Part2.

今日のブログは昨日の続き。昨日のブログは繁殖期の始まり11月後半、一旦メスに迫ったものの嫌がれ騒がれメスの前から退散したオスのヤマセミ。だが、メスの元を去りつつ「ハッ!」と我に返り、こんな事ではナメラレてしまうと思い直し、きびすを返して再びメスへ挑もうとするシークエンス。

 人間の世界でも良く在りそうなシーンに観察していて笑ってしまう。ヤマセミをファインダーで覗いていて笑ってしまう事が最近増えて来たような気がする。12月の今、ヤマセミのその行動が続いているか否か、毎日送ってきてくださる人吉の御三方のヤマセミ情報で推察するしかないが、たぶん引き続き追いかけまわしを続けているに違いない。

 ヤマセミ観察をこういう生態中心で行う事の面白さが人吉球磨川には存在するのだ。是非数日滞在して観察してみられては如何だろう?
昨日のブログで最後の画像がこれ!鳴きやまないメスが見えている。

しかし、ハッと我に返ったのか急ブレーキを掛けた、鳴きやまない騒ぐメスの存在が再チャレンジを促したのだろうか?

きびすを返して再びメスの方へ向かおうとするオスのヤマセミ。

ますます騒ぐメスの方へ向かうオス。

しかし、この段階でオスはきびすを返したのが間違いだと気が付いたのだろうか?


同じ枯れ枝に留まることを諦め・・・。

後ろを素通りする戦法に土壇場で作戦変更した模様。

この辺り、この時期のヤマセミのつがいの駆け引き、たまりません。

2017年12月14日木曜日

晩秋のヤマセミつがいは観ていて面白い!  I'm so interested watch about a pair of Crested kingfisher's ecology in a late autumn.

 通年でヤマセミを観察していて、彼らが一番アクティブなのが5月~6月にかけてのヒナの巣立ち~幼鳥教育の季節であろう事はこのブログで何度もレポートした通りだ。
 しかし、実は年末から繁殖期前期に至る間もつがいの動きを観ていると非常に活発である事が見えてくる。

 通年で一緒に行動するヤマセミだが、ヤマセミ観察者の多くが夏季において一羽しか見えないので、単独行動期であるとの判断をされたようだが実際は常時連れ添っている。夏季は葉が生い茂り姿が見えにくいので一羽だけしか見えなくても、つがいの相方は最大数十メートルの距離で茂みの陰や葉の裏に隠れている場合が多い。採餌の際に限って500mほど離れて行動する場合もあるが、羽根休めはごく近くで数メートルの距離で居る事が多い。

 今日のブログは、先日11月20日頃の球磨川人吉界隈のヤマセミつがいの掛け合いシーン。オスが繁殖行動の一環としてメスの傍へ行こうとするが、メスに「嫌よ!あっち行って!」とでも言われたのだろう一旦退くまでのシークエンス。
主役はこのヤマセミつがい2羽。この時期普通は2m程の間隔の距離で並んでいる。右下を飛ぶのはセグロセキレイ。球磨川へそそぐ支流域で。

そのつがいが球磨川本流で水没した枯れ木に揃って留まろうとしたのだが・・。

先に留まっているメスの元へ駆けつけ・・・では無く飛び寄る?ヤマセミのオス。

まさに留まろうと思った瞬間!メスがけたたましく鳴いて拒否!

「アンタ!昨日の夜何処へ行ってたのよ!?」とでも言っている様な気もするが・・何かに腹を立てているのだろうか、このメスは?たじろぎ腰が引けるオスの姿がちょっと情けない。

「ヤバい!」とオスは反転し逃げに入った。

メスは羽根を広げ、完全に追い出し態勢。

興奮したメスは止まらない。

こうして一旦は逃げたオスだが、このまま引き下がったりしない。この続きはまた・・・。

2017年12月13日水曜日

まるでヤマセミの水中発射ミサイル風ジャンプ?  This is Crested kingfisher's underwater missile style jump isn't it?

 ヤマセミの生態を観察していると、時々とんでもないシーンが撮影出来たりする。この7年間の蓄積画像を観てみると、ヤマセミが撮影者に慣れている場合、あるいは危機感を抱いて警戒している場合は絶対こちらに背を向けない。画像に写っているヤマセミの目線は決して観た通りではない。実際は何処を視ているのかまるで判らない。

 そんな中、ヤマセミが水から上がる際に物凄く勢い良く飛び出した画像があった。こういう飛び出し方をするのはある橋のエリアを縄張りとしているヤマセミのメスだけだ。数年で筆者を認識してくれて、周りに人が居なければ傍まで下りて近寄ってきて糞をする変わり者だ。

 このメスが数回水中から垂直に飛びあがるジャンプをしてくれた。今日はそういう珍しい水中発射のミサイルもどきのヤマセミ生態画像をご紹介。
何故この瞬間シャッターを押せたのかいまだに不思議。

この様なジャンプが出来るヤマセミは後にも先にもこの個体だけ。

発射後、そのままホバリングへ入った。


2017年12月12日火曜日

獲った獲物を取り落とし拾い上げたヤマセミのシークエンス。 After miss hunting of Crested kingfisher's sequence.

 今日の内容はずいぶん昔、7年程前のヤマセミの面白シーン。先日人吉の古江さんが一度に獲物2匹を同時にダブルキャッチしたヤマセミがうっかりそれを両方落としてしまい、慌てて一匹を拾い直した一連のシーンを送って下さったので、そういえば昔そんなシーンを撮影したと思い過去データを探ってみたら生まれて二度目の人吉訪問時に撮影していたことが判明。

 単発画像しか視ていなかった当時とは今は違うので、一連のヤマセミの行動の裏にある生態が良く見えてきて面白いと思った。

 場所は球磨川本流、季節は春先。だいぶ筆者に慣れたと思われるヤマセミ個体が40m程の距離でダイブして採餌、それがどうやらくちばしで突き刺してしまったらしくしっかりと咥えられず空中で取り落とす。一旦水中に落ちた獲物をホバリングで場所を確認し再度ダイブして見事ゲットしたという一連のシークエンスをご紹介。
普通に採餌して喜んだのもつかの間

咥えたのではなく突き刺してしまった事に気が付き

暴れる魚をどうして良いか判らないまま

取り落としてしまったヤマセミのメス。

ホバリングしながら逃げた魚の動静を見極め

飛び込む準備の後

エイ、ヤッ!再ダイブ!

見事に今度はクチバシの奥でしっかり咥え

飛び去って行った


取り落としたことが恥ずかしいのか、遠くへ去ってしまった。

2017年12月11日月曜日

団塊世代は「人吉市におけるヤマセミと人間の共創」を早稲田大学の共創学会で発表した。The baby-boomer generation announced "Co - creation of Creseted kingfisher and Human beings in Hitoyoshi City" at co - creation society of Waseda University.

 7年間のヤマセミの生態観察研究成果(生態観察・データ取得・画像撮影・現地ヒアリング)を2カ月間掛かって発表用にまとめたものを、昨日、一昨日と早稲田大学理工学部・西早稲田キャンパスで行われた「共創学会」で発表する事が出来た。

 人吉市、八代市、熊本市にお住いの数多くの方々の協力を得ながら進めて来た人吉市におけるヤマセミの生態研究の一部、「ヤマセミと人間の共創」を発表した。

 全国から頭脳明晰な本職の研究者が集まり、それぞれのジャンルで行って来た研究を発表する場としての「学会」への参加は、筆者の様な平凡な頭脳で好きな事にしか目を向けない偏向研究の成果を、同じ土俵で発表するのは正直言って相当勇気のいる事だった。

 ほとんどが著名大学の教授クラスが複数で研究した成果を発表されていた。パワポのスライドショーも横文字が多かったり、図形やチャートが一杯あって凡人には判りにくい発表が多い中、筆者が撮影した証拠画像や国交省のデータ中心で展開する超具体的な「人吉市におけるヤマセミと人間の共創」はちょっと異質だったかもしれない。

 最初は遠巻きに見ていた参加者だが、30分もすると東京ビックサイトの展示会のようにインタラクティブ展示ブースへ来て下さり、質問の嵐となった。最初の頃は野鳥だという事で女性の研究者が沢山来られ「カワイー!」だの「凄い!」だの反応が主だったが、後半は年齢性別を問わず全国のプロ研究者が、ヤマセミの筆者へ見せつけパフォーマンスや鮎漁師さんとの共創に関して非常に強い興味を示されていた。

 やはり「こう考える、こう推察される」・・・ではなく、撮影時間や撮影場所がデジタルで表記された証拠写真をどのように判断分析するか、その撮影の難度やチャンスの少なさを直ぐ理解される方ばかりなので話は早かった。

 鳥類研究には分類学や解剖学やそれぞれ専門ジャンルが細かく判れているが、野外の現場で生態を長時間つぶさに観察し、証拠画像を収録して得られた結果はそれなりの説得力があったようだ。

 来年はより深い部分での研究成果を発表する事に成っている。2010年からご協力や励ましをいただいた全ての方々にここで感謝をしたい。
早稲田大学の理工学部キャンパスは真下に地下鉄副都心線・西早稲田駅が在るが、休日は直接キャンパスへは入れない。日曜日は基本的にキャンパスは開いていない。
日曜祝祭日は守衛さんのいる正門の自動ゲートを通らないと入れない。

参加者管理は広告代理店が行う催事よりはるかに厳しかった。

基調講演は共創学会の会長でもあり、私に参加発表を後押した指導教授の三輪先生だ。

三輪先生が手にしている棒は朝自宅の庭から抜いて来た朝顔用の細竹。目論み通り効果的に使って頂き嬉しかった。

口頭発表は15分という短い時間なので慣れないと、どんどん時間超過で、最後の方は一体何を言っているのか判らなくなったりする。

来年もヤマセミに関してはこのスタイルでまずは行いたいと考えている。鳴き声なども流してみようかとも考えている。

インタラクティブ発表の方はA1サイズのポスターに発表主旨を印刷してピンでボードに貼り解説を行う。普通は1枚しか貼らないようだが、5枚も制作するというので、前例もないという事で問題になったようだ。しかし三輪先生のご厚意で5枚とも制作できた。使用した2台のノートPCの内1台(大きい方)はIBMのThink Pad A31で2005年の静岡国体の頃使用し始めた古いもので12年前のものだ、OSはWindows2000なのだが充分サクサク動いてくれている。

けっこう色々な方が興味を示して下さり、質問攻めにあってしまい嬉しい限りだった。
これからの5枚が、インタラクティブ発表で使用したポスター。




これらはそのまま持ち帰ったので、少人数の説明会に使用可能だ。

2017年12月10日日曜日

晩秋の人吉で花を撮ってみた。I tried to challenge take flower's photos in deep autumn at Hitoyoshi area.

 いつも人吉では野鳥の画像ばかりなので、今回は11月後半の人吉界隈における花の画像をご紹介!
 勿論花を撮らせたら日本一、私ゃちょっとうるさいよ!と言われる方は目をつぶってご覧いただきたい。
 秋も深まって、霜が降りてもおかしくない頃の人吉盆地、球磨川界隈冬鳥を探しながらツクシイバラ公園(毎年初夏にテントの出る錦町の球磨川川原辺り)を徘徊、其処で撮った画像をご紹介。
 なんとまだツクシイバラの残り花が咲いていた!これには驚かされた。

まだこの時期に咲いているとは驚いた。



此処からはコンデジでの撮影、皇帝ダリア

たまには皇帝ダリアの色違いを観てみたいものだ。


皇帝ダリアの八重咲タイプらしい。初めて視た。